Menu

蛇口のハンドルが固いなら修理にチャレンジしよう

水道に関するトラブルはいくつも種類がありますが、蛇口に起こったとしたなら、外にある部分なので自身で解決できる可能性があります。特に、蛇口のハンドルが固いというトラブルは、ちょっとしたことで解決できる場合があります。

自身で修理にチャレンジしてみて、駄目だったのならプロに頼めばよいだけなので、気軽に試してみましょう。

蛇口のハンドルが固くなってしまう原因

蛇口のハンドルが固くなる原因は、パーツの劣化やグリス切れ、そしてサビ・水垢等で滑りが悪くなるなどいろいろとあります。どれが原因なのかは、外から見ただけでは分からないため、蛇口を分解しなければいけません。

分解するためにはプラスドライバーやスパナが必要となるので、用意しましょう。精密さは必要ではない作業なので、100円ショップで売られている安い道具でも十分です。

作業は水の元栓を閉めてから

水が流れる状態で作業を始めてしまうと、場合によっては、水が噴き出して大惨事になってしまいます。そうならないように、元栓を閉めて水の流れをストップさせてから作業を行いましょう。元栓がある場所は家やマンションによって異なりますが、ほとんどの場合は水道メーターの近くにあるので、場所が分からないのならそれを目安として探しましょう。

一戸建ての場合は地面にあって、マンションの場合はガスや電気のメーターが収納されているスペースにある場合が多いです。もしも、元栓の場所が分からないのなら、近所の方に聞いてみることをおすすめします。近所なら、同じようなところに設置されていることがほとんどなので、何人かに聞けば教えてもらえるはずです。

なお、水の元栓を閉めたからといって、いきなり作業を始めてはいけません。まずは、蛇口のハンドルを操作して、水が流れないことをしっかりと確認してから作業を始めましょう。水が流れるというのなら、別の場所を操作している可能性が高いので、改めて水の元栓を探してみることをおすすめします。

パーツをじっくり観察してから対処する

水が流れないことを確認したなら、さっそくプラスドライバーやスパナを使って、蛇口のハンドル部分を分解していきましょう。スパナを使って緩める部分は目視で分かりますが、プラスドライバーを使う箇所は隠れている可能性があるので注意が必要です。

ネジに何らかのカバーがしてあって、取り外さないとプラスドライバーが使えない場合があるので、しっかりと探しましょう。なお、道具を使っても、まったく取り外せる気がしないのなら、無理に作業をするのはおすすめできません。

壁に取り付けられている部分に負荷がかかってしまい、根元が破損してしまう原因となるからです。そして、分解に成功したのなら、パーツをじっくりと観察しましょう。グリスが切れているようなら、新しいものを塗る必要があります。

そして、汚れが溜まっているのなら、研磨材やブラシを使って落としてやる必要があります。もしも、パーツが劣化していたのなら、戻しても何の解決にもならないため、新しいものに交換をしなければいけません。交換パーツはホームセンターなどで販売されているので、まったく同じものか同じ規格のものを買いに行きましょう。

ちなみに、どうせパーツを分解するのですから、劣化すると水漏れの原因となる蛇口のパッキンの交換もついでにやったほうがよいです。ハンドルに不具合がでるほどの年月が経っているのなら、パッキンも劣化している可能性が高いので、将来のことを考えて新しいものへの交換をおすすめします。

元栓を開けるときには水の汚れに注意

無事に蛇口のハンドルの固さが解消されたのなら、元栓を開けて水を使えるようにしましょう。ですが、閉めていた元栓を開けると、水道管などの汚れが混じって、水が濁ってしまうことがあります。目で見ただけでは、変わりがないように思えるかもしれませんが、透明なコップに注げば汚れを確認できる場合も多いです。

そのため、元栓を開けたあとはすぐに利用はせずに、汚れが混じらなくなるまで、しばらくは水を流しっぱなしにしましょう。数分も流せば、透明な水に戻ります。

水をコップに注いできれいになったのをチェックできたなら、あとはいつもと同じように利用しても大丈夫です。

なお、水道の蛇口に取り付けるタイプの浄水器を利用しているのならば、元栓を開けて水を流す前に、取り外しておいたほうがよいかもしれません。それは、水に多くの汚れが混じることもあるので、浄水器のフィルターが駄目になる可能性があるからです。

そうなってしまうと、浄水器のフィルターを交換することになり、余計な費用がかかってしまうでしょう。道具を使わずに手だけで外せるタイプの浄水器も多いため、面倒だと思わずに取り外しておきましょう。

直らなかったら蛇口を取り換えよう

分解が無理だったり、いろいろな工夫をしてもハンドルの固さが直らなかったりするのなら、取り換えてしまうのをおすすめします。蛇口の規格は決まっているため、ホームセンターを訪れれば代替品を簡単に購入できます。

壁に取り付ける部分が、一つだったり二つだったりするので、自宅に合った蛇口を購入しましょう。どの蛇口が自宅に合っているのか、分からないのなら、外したものをホームセンターに持ち込むとよいです。それをスタッフに見せれば、確実に取り付けられるものを紹介してくれます。

ちなみに、蛇口の交換方法を知りたいなら、DIYを紹介する書籍や個人サイトを利用しましょう。また、動画共有サイトなら、映像や音声で交換方法を説明してくれるので、写真やテキストよりもずっと分かりやすいです。

プロに頼むことも考えよう

水道の元栓の場所が分からなかったり交換に自信がなかったりするのなら、水回りを専門とする業者への依頼をおすすめします。何かしらのアクシデントが起こってから業者に仕事を依頼すると、それの解決料金まで取られてしまうので緊急性がないうちに頼みましょう。

プロに頼めば、すべての作業を行ってくれるため、何もせずとも不便な固い蛇口から解放されます。なお、プロにお願いするときは、いくつかの業者に見積もりをお願いしたほうがよいです。見積もりが一万円以上違うケースもあるので、それぞれの業者をしっかり比較しましょう。

ちなみに、業者が交換してくれる蛇口は、一般販売されているものです。ネットショップで相場を確かめられるため、ぼったくり価格で購入しないように調べておきましょう。