Menu

蛇口から水漏れが!そんな時はコマをチェックしよう

家庭における水道関係の故障で最も多いのは、蛇口からの水漏れだと言われています。蛇口というのは誰しも「毎日必ず使う」といってもいいほど使用頻度の高いものであり、そのため「突然の水漏れ」などのトラブルが起きることも多いのです。

そんな時に慌てないためにも、もし蛇口から水漏れしてしまったらどうすればいいのか?どんな対処をすればいいのか?ということを知っておきましょう。

蛇口の水漏れは「コマ交換」で簡単に直せる

ある日突然「蛇口のハンドルやレバーから水がポタポタ落ちてくる!」となった時、何が原因かも、どうすればいいのかも分からず困ってしまいますよね。水漏れの原因を考えていくと、蛇口本体の経年劣化をはじめ、コマやパッキンなど部品部分の劣化や破損など、いろいろなことが考えられます。

でも実は、そのほとんどが後者の「部品部分の劣化」であることが多いのです。そのため、コマやパッキンを交換するだけで解決できてしまうケースが多いのです。

コマの交換は、素人でも簡単にできてしまいます。

もし水漏れで気になっている場合は、一度自分で交換してみるといいでしょう。ちなみに、コマは「コマパッキン」「ケレップ」とも呼ばれるもので、蛇口の水漏れを防いでくれる重要な部品です。ハンドル式の水道の一番最下についているもので、ハンドルを回すことでコマパッキンが上下に動き、蛇口から水が出るという仕組みになっています。

そしてハンドルを閉めることで、コマパッキンのゴム(単にパッキンとも呼ばれる)が水道管にできていた隙間を埋め、水漏れを防いでくれます。蛇口の水漏れは、特にこのゴム(パッキン)が劣化したり摩耗したりすることで、蛇口を閉めている時にも水道管とコマパッキンの間に隙間が生まれ、そこから常に少量の水が流れ出ている状態のことなのです。

コマを交換しても水漏れが起きたら・・・

もしも「部品部分のコマやパッキンを交換しても水が止まらない!」という場合は、蛇口本体に原因があると考えられます。そうなってしまうと、「自分でなんとかしよう」とは思っていても限界があります。へたに蛇口本体を触ってさらに水漏れがひどくなってしまっては、元も子もありません。

自分でできるかぎりの修理をしても水漏れが止まらない場合は「専門の業者に相談する」という方法を取ることになります。しかし、それは最終手段にとっておきましょう。コマパッキンを交換しても水漏れが起きる場合、実は「ちょっとしたことが原因だった」ということも考えられるのです。

自分でも簡単にチェックできるポイントなので、専門の業者に連絡をする前に、これからご紹介する3つのポイントを確認してみてください。「こんなに簡単なことだったのか!」ということで終わるかもしれません。

パッキンのサイズは合っている?

コマを交換しても水漏れが起きる場合の原因1つ目として、「パッキンのサイズが合っていない」ということが考えられます。パッキンと一口に言っても、メーカーによる違いはもちろん、製品やサイズなどが蛇口によっても異なります。

そのため、水漏れを起こしている蛇口に合ったサイズのパッキンでなければ、隙間があき、ポタポタと水が漏れるようになってしまうのです。

ではどうやってぴったりサイズのパッキンを手に入れればいいのか?というと、蛇口のメーカーや品番などが分かっていれば、メーカーのお客様センターなどに問い合わせることで、その蛇口にぴったりのものを購入することができます。

もしも「メーカーや品番が分からない」「どうやって確認すればいいか分からない」という人は、まずはメーカーを特定しましょう。そうすることで、だいたいの品番も推測することができます。日本の蛇口メーカーというのは、あまり数が多くありません。

TOTO(トートー)、LIXIL(リクシル)、KVK(ケーブイケー)、カクダイ、SANEI(サンエイ)、GROHE(グローエ)、これらのうちのどれかに当てはまってくることでしょう。蛇口の根元部分や側面、裏側などに会社のロゴマークが入っているパターンが多いので、いま紹介したメーカーのロゴマークがないか、それらの場所をチェックしてみるといいでしょう。

メーカーが分かったら、メーカーの公式ホームページにアクセスしましょう。各メーカーのサイトでは、品番を特定するための確認方法などが載っています。イラストや写真が載っており、用途や形状から簡単に特定できることがほとんどなので、メーカーが分かれば品番を特定することは簡単です。

また、もし手元に取扱説明書があれば、ほとんどの場合表紙に品番が載っているので、より簡単に確認することができます。

コマの下に汚れは溜まっていない?

コマを交換しても水漏れが起きる場合の原因2つ目として、「コマの下に汚れが溜まっている」ということが考えられます。長く使っていると、蛇口のコマの下がサビたりゴミが溜まっていたりすることがあります。そうすると、そのサビやゴミが邪魔をしてパッキンと蛇口の間に隙間ができ、そこからポタポタと水が漏れてしまうのです。

パッキンを交換するときに蛇口を分解し、もしもその時にサビやゴミが出てきた場合は、汚れをキレイに取り除いておくといいでしょう。その際は、重曹を使うことで汚れをキレイに落とすことができます。また、重曹を使う時は、古くなって捨てるだけの歯ブラシを使うといいでしょう。

歯ブラシを使って重曹を汚れになじませるようにします。そして少し時間を置いてから磨けば、あっという間にサビや汚れが落ちていきます。また「家には重曹がない」という人は、掃除以外にも方法があります。水を勢いよく出してしばらく置くことで、自然に汚れが取れ、水が止まるようになることがあるのです。

「わざわざ重曹を買ってくるのもちょっと」という人は、試しにやってみるといいでしょう。

ネジやナットは緩んでない?

コマを交換しても水漏れが起きる場合の原因3つ目として、「ネジやナットが緩んでいる」ということが考えられます。「水漏れ」といっても実は難しい問題が発生したわけではなく、ただ単に「蛇口のハンドルを止めているネジ・コマパッキンのナットが緩くなっているだけ」ということもあるのです。

もしコマパッキンを交換したのが女性や高齢者であった場合、男性に比べるとどうしても力が弱くなってしまいます。そのため、締め付けが弱くなっていたり、部品が緩んでいたりといったことがないか確認するといいでしょう。

また実は、反対に「締め付けすぎて」部品が壊れてしまうこともあります。

締め付けが弱いと思い、全力でネジやナットを締め付けることで、ネジの頭が潰れたり、ナットが欠けてしてしまうことがあるのです。このように「部品はきちんと締めているはずなのに水漏れが直らない」という場合は、何か他の原因がないか?ということを確認するといいでしょう。